高圧ガスの取扱いについて

高圧ガスを取り扱う実験室は高圧ガス保安法(高圧ガス保安法の説明)を遵守し、且つ本学の許可を得た上で実験を行ってください。また、高圧ガスボンベを使用する際は以下の点に注意してください。

1.高圧ガスの危険性を十分把握し、安全な使用、保管に努めてください。
2.ボンベの転倒防止措置 の実施。
    ボンベは上下2箇所でチェーン等により固定してください。
    スタンド、キャビネット自体にも転倒防止対策を実施してください。
3.使用済み及び使用しないボンベは直ちに撤去してください。
4.室内(建物内)に保有するガス量の削減に努めてください。
5.UTCRISに入力して保有量管理をおこなってください。

高圧ガスの定義(高圧ガス保安法第2条)

圧縮ガス

常用の温度において圧力が1MPa以上となる圧縮ガスであって現にその圧力が1MP以上であるもの又は35℃において圧力が1MPa以上となる圧縮ガス。

常用の温度において圧力が0.2MPa以上となる圧縮アセチレンガスであって現にその圧力が0.2MPa以上であるもの又は15℃において圧力が0.2MPa以上となる圧縮アセチレンガス。

液化ガス

常用の温度において圧力が0.2MPa以上となる液化ガスであって現にその圧力が0.2MPa以上であるもの又は圧力が0.2MPaとなる場合の温度が35℃以下である液化ガス。

前号に掲げるものを除く他、35℃において0MPaを超える液化ガスのうち、政令(高圧ガス保安法施行令第1条)で定めるもの
(1)液化シアン化水素
(2)液化ブロムメチル
(3)液化酸化エチレン

高圧ガスの分類

状態による分類

圧縮ガス:水素、酸素、窒素、アルゴン、ヘリウム等。
液化ガス:プロパン、アンモニア、二酸化炭素、窒素、ヘリウム等。
溶解ガス:アセチレン等。

燃焼性による分類

可燃性ガス :水素、プロパン、アンモニア等。
支燃性ガス:酸素、塩素、フッ素、一酸化窒素等。
不燃性ガス:窒素、二酸化炭素、ヘリウム、アルゴン等。

毒性による分類

毒性ガス  :塩素、アンモニア、ホスゲン、酸化エチレン等。
非毒性ガス:酸素、窒素、水素、ヘリウム、アルゴン等。

高圧ガスの種類

第1種ガス(不活性ガス)

第2種ガス(その他のガス:支燃性ガス、可燃性ガス、毒性ガス、特殊高圧ガス等)

高圧ガスの消費

高圧ガスを消費するにあたり、消費するガスの種類によって特に厳重に規則を受けるものがあります(高圧ガス保安法第24条)。特殊高圧ガスは、非常に毒性、爆発性が高いものなので消費に際し、量の多少にかかわらす都道府県知事に届出をしなければなりません。

高圧ガスの製造

製造とは「ガス(または液化ガス)を圧縮、液化その他の方法により高圧ガスの状態にすることである。」と定義されています。 高圧ガスを製造する場合、届出・許可申請が必要となります。

製造の例

・高圧ガスを減圧弁を用いて圧力の低い高圧ガスにする。
 (減圧弁2次側の圧力が1MPa未満であれば製造にならない。)
・気体を高圧ガスである液化ガスにする。

ガスボンベの種類

充填する高圧ガスの種類に応じた塗色(特に定められた6種類は黒、赤等の固有の色、その他のガスは全てねずみ色)を行う。

ページトップ▲